シンロイヒのあゆみ

$posts_per_page = -1
$post_type = portfolio
$portfolio_category = ayumi00
$orderby = slug
$order = asc

昭和30年~

昭和 34年
5月
28日
初代取締役社長 根岸 信氏就任(大日本塗料株式会社取締役社長)大日本塗料株式会社が初の子会社として「大日本シンロイヒ株式会社」を資本金3千万円で設立し、大船工場を分離譲渡し業務開始。
本社は大阪市此花区西野下之町38番地(大日本塗料株式会社内)
9月 高性能蛍光焼付塗料「ルミノデリコン」開発
昭和 35年
12月 高性能蛍光塗料「スーパールミノサイン」開発
昭和 36年
4月 第2代取締役社長 池田 悦治氏就任(大日本塗料株式会社取締役社長)
昭和 37年
1月 大船工場第2期工事完了、資本金6千万円に増資
昭和 38年
1月 世界初トリチウム夜光塗料「アトムロイヒ」開発
6月 科学技術庁より「原子力平和利用研究助成金」授与
昭和 39年
1月 蛍光顔料粉砕機「ジェットマイザー」導入
昭和30年~

昭和40年~

昭和 40年
6月 リバースコーター方式蛍光テープ生産設備導入
昭和 41年
3月 捺染用蛍光顔料「FZ-5000」シリーズ開発
昭和 42年
5月 大船工場第3期工事完了
捺染用蛍光顔料「FZ-6000」シリーズ開発
7月 「シンロイヒ株式会社」に社名変更
昭和 42年
10月 グラビア用蛍光顔料「FZ-3000」 シリーズ開発
オフセット用蛍光インキベース「BO-10」シリーズ開発(特許取得)
昭和 44年
1月 1969年度カレンダー展で大蔵省印刷局長賞受賞
2月 油性マーカー用蛍光顔料「FM-10」シリーズ開発
4月 再帰反射塗料「ビームライト」開発
6月 創立10周年記念式典東京都で開催
8月 樹脂用着色蛍光顔料「FR50」シリーズ開発
昭和 45年
3月 大阪万博ソ連館外壁に蛍光塗料「スーパールミノサイン」採用
6月 高耐溶剤性蛍光顔料「FA-40」シリーズ開発
昭和 46年
3月 オフセット用蛍光インキベース「BO-30V」シリーズ開発
昭和 47年
4月 水分散型新蛍光顔料「SW」シリーズ開発(国内外特許取得)
昭和 48年
10月 大船工場内に最新設備の6階建新工場完成
昭和 49年
4月 ハンブルク(西ドイツ)に営業拠点合弁会社シンロイヒヨーロッパ開設水性蛍光塗料「ルミノサインスイセイ」開発
9月 資本金1億5千万円に増資
昭和40年~

昭和50年~

昭和 50年
1月 大船工場内に3階建研究所完成
昭和 51年
1月 新型捺染用熱転写紙「ホットプリント」発売
4月 紙用蛍光顔料「SP-10」シリーズ開発
樹脂用着色用「SB-10」シリーズ開発(特許取得)
昭和 52年
3月 塗料用蛍光顔料「3S-10」シリーズ開発(特許取得)
6月 第3代取締役社長 滝沢 達児氏就任
営業開発を目的とする子会社「シンセイ株式会社」を東京都港区浜松町に設立
昭和 53年
6月 シンロイヒヨーロッパを現地代理店ヴォーレー社に引き継ぐ
10月 耐溶剤性蛍光顔料「FA-200」シリーズ開発
昭和 55年
3月 トンネル用蛍光塗料「ルミノトラフィック」開発(特許取得)
昭和 56年
8月 蛍光・夜光テープ用大型製造設備導入
昭和 58年
6月 第4代取締役社長 大江 守氏就任
昭和50年~

昭和60年~

昭和 60年
2月 蛍光識別装置「蛍光マークセンサー」開発(実用新案取得)
3月 つくば科学万博三菱未来館に画像現出法「ルミノプリント」(特許取得)展示
10月 第5代取締役社長 山本 清文氏就任
警視庁より開発依頼された犯罪防止用着色球「蛍光クラックボール」完成(実用新案取得)
昭和 61年
6月 シンセイ株式会社を吸収
昭和 63
7月 高耐候性多層式蛍光塗料「スーパーロイヒ」開発
昭和60年~

平成元年~

平成元年
4月 無機蛍光発光色材「ルミライトカラー」開発
5月 創立30周年式典大船工場で開催
平成 2年
5月 Sシリーズ生産設備増強
平成 3年
3月 大船工場外壁にルミライトカラー大壁画完成
5月 Fシリーズ生産設備増強
平成 4年
6月 大型トラック後部蛍光反射板設置義務法制化「ルミノテープ」採用
12月 着色夜光塗料「カラー夜光ペイント」開発
平成 5年
2月 青函トンネル吉岡海底駅に「ルミライトアート」採用
4月 反射塗料「ビームライトスプレー」開発
7月 消防庁基準対応ヘリポート用蛍光塗料「スーパールミノ Vトップ」開発
平成 6年
3月 岩手県花巻市に銀河鉄道イメージ「ルミライトアート」大壁画完成
6月 第6代取締役社長 田中 怜氏就任
平成 7年
1月 コンピューターカラーシュミレーション設備導入
6月 長残光タイプ「スーパー夜光テープ」開発
平成 8年
2月 「船舶夜光非常標識」運輸省型式認定取得
6月 電通テック株式会社と「ルミライトビジョン」(特許取得)の販売で業務提携
9月 中型トラック後部蛍光反射板設置義務法制化「ルミノテープ」採用
平成 9年
5月 F顔料新生産設備導入
マーカー用蛍光顔料「SF-5000」シリーズ開発
平成元年~

平成10年~

平成10年
4月 オフセット用蛍光インキベース「BO-800」シリーズ開発
7月 本社を鎌倉市台2丁目19番12号に変更
11月 環境対応型塩ビフリー蛍光テープ「ルミノテープ2000」タイプ開発
12月 カメレオン塗料「メドルカラー」開発
平成 11年
1月 大船工場ISO-9002審査登録
3月 東京・赤坂地下歩道に「ルミライトアート」採用
4月 オフセット用蛍光インキベース「BO-1000」シリーズ開発
5月 創立40周年を迎える
6月 磁器タイル面にルミライト作画(特許取得)
9月 テーマパーク用一般色屋外対応型エージング用塗料「AGペイント」開発
平成 12年
3月 樹脂着色用蛍光顔料「FXー300」シリーズ開発
4月 水性ボールペン用蛍光顔料「SFー7000」シリーズ開発
5月 シンロイヒホームページ開設
10月 資本金4億9000万に増資
平成 14年
1月 ISO-9001審査登録
6月 水性マーカーインキ用蛍光顔料「SF-3000」シリーズ開発
平成 15年
1月 高輝度蓄光「スーパー夜光HGシリーズ」開発
6月 第7代取締役社長 狩野 雅史氏就任
10月 「スーパールミノVトップ」蛍光朱赤色の消防車日本全国で採用
平成 16年
9月 安全防災用蛍光ラインマーキングテープ「パワーキングライン」完成
平成 17年
3月 愛知万博瀬戸愛知県館「ルミライトビジョン」採用
4月 環境対応ノンホルマリン蛍光顔料「SXー100」シリーズ開発
6月 第8代取締役社長 尾本 博明氏就任
平成 18年
2月 鮮明超濃色「安全防災用蛍光スプレー」販売開始
10月 安全・防災用蛍光テープ「蛍光トラテープ」販売開始
平成 19年
3月 装飾・舞台演出用水性蛍光塗料「ルミノエコカラー」開発
平成10年~

平成20年~

平成20年
1月 大日本塗料㈱からマーキングフィルム事業を移管
8月 F☆☆☆☆取得水性蛍光塗料「ルミノエコカラースーパー」開発
イットリウム系酸化物ナノ蛍光体「ルミライトナノ」開発
平成 21年
3月 「パワーキングライン夜光タイプ」開発
5月 創立50周年を迎える
6月 第9代取締役社長 江見 眞氏就任
繊維染色用環境対応型カラーベース「SW-100」シリーズ開発
平成 22年
6月 路面標示用蛍光塗料「水性ルミライン」開発
平成 24年
6月 第10代取締役社長 永井 昌憲氏就任
12月 蛍光チェッカー塗料「レスキュースプレー蛍光」開発
平成 25年
6月 水性ノンスリップ蛍光塗料「ルミノグリップ」開発
平成20年~